天体写真:新着情報


プレアデス星団M45(new)
清少納言の随筆「枕草子」に出てくる、 星はすばるのくだりで有名な散開星団すばること 『プレヤデス星団M45』です。 冬に良く見える「おうし座」の肩の辺りにあり、 普通の視力の人なら6~7個の星が集まって いるのがわかります。 双眼鏡で見れば更に良く見えますが、 400光年の彼方からきた星の瞬きを楽しむことが 出来ます。

馬頭星雲(闇黒星雲)IC434(new) いろいろ好きな天体があるなかで、馬頭星雲は生涯の課題のひとつです。撮りなお しになりますが、前回より露出時間も増やし進歩したかなと思っています。
撮影天体
M31アンドロメダ大銀河
撮影者
川津 敏比沽


撮影天体
プレアデス星団
撮影者
川津 敏比沽

撮影天体
干潟星雲
撮影者
川津 敏比沽

はやぶさ2は今どこに


概要:

小惑星探査機「はやぶさ2」、その目的地である小惑星「Ryugu(1999 JU3)」、そして太陽系の各惑星の現在位置を表示します。

マウスホイールでズームイン/ズームアウトができます(スマートフォンはピンチイン/ピンチアウトで同様の操作ができます)。

'SPACECRAFT EVENT TIME'となっているのは、いま私たちに届いたはやぶさ2からの信号がいつ探査機から発信されたものかを表す時間です。光より速いものは存在しないため、遠方にいる探査機が信号を送信した時間とその信号を地球で受け取る時間には時間差が生じます。つまり、このSPACECRAFT EVENT TIMEが私たちが知りうるはやぶさ2の「今」ということになります。この時間差は画面上の「COM DELAY」(COMmunication DELAY)に表示されています。

本システムは、現時点ではNASA/JPLが HORIZONS System を通じて公表している軌道要素を使用しています。

Update:
Copyright:

Source codes: MIT Lisence (except for inclueded libraries)
Screen images: Creative Commons Attribution-NonCommercial 4.0 (CC BY-NC 4.0)

Milky Way illustration by Go Miyazaki

This software includes Three.js, JSON2.js and Orb.js

Author:
KASHIWAI, Isana (isana.k at gmail.com)
Twitter: @lizard_isana


こんにちは

>

hayabusa2/jaxa

ツイート


-----------------

星座INDEX




はやぶさ2