二十四節気
 二十四節気は、太陰暦を使用していた時代に、季節を現すための工夫として考え出されたもので、1年を24等分にし、
 その区切りに名前をつけたものです。現在でも季節の節目節目に、これを示す言葉として使われています。


季節は小暑 から大暑 に向かって ゆっくりですが夏本番に向かっています


二十四節気
春 :
立春  2月 4日(月)
雨水  2月18日(月)
啓蟄  3月 5日(火)
春分  3月20日(水)
清明  4月 5日(金)
穀雨  4月20日(土)
夏 :
立夏  5月 5日(日)
小満  5月21日(火)
芒種  6月 5日(水)
夏至  6月21日(金)
小暑  7月 7日(日)
大暑  7月23日(火)
秋 :
立秋  8月 7日(水)
処暑  8月23日(金)
白露  9月 7日(土)
秋分  9月23日(月)
寒露  10月 8日(火)
霜降  10月23日(水)
冬 :
立冬  11月 7日(木)
小雪  11月22日(金)
大雪  12月 7日(土)
冬至  12月22日(日)
小寒  1月 5日(土)5
大寒  1月20日(日)


参考:ページ

二十四節気 - Wikipedia


国立国会図書館 「日本の暦」―暦の中のことば 二十四節気



二十四節気は中国の戦国時代に考案
され、太陰歴による季節のズレを正し、
春夏秋冬の季節を正しく示すために、
一年を十二の(中気)と十二の(節気)に分類し、それらに、季節を表す 名前がつけられました、日本では江戸時代の暦から採用されています しかし、二十四節気は中国の気候にもとづいて名づけられたものなので、日本の気候と合わない 名称や時期もあります。そこでそれを補うために二十四節気のはかに、土用、八十八夜、入梅など (雑節)と呼ばれる季節の区分けを取り入れたのが日本の旧暦です




雑節・五節句
節分    2月 3 日(火)
彼岸の入  3月17 日(火)
彼岸の明  3月23 日(月)
八十八夜  5月 2 日(土)
入梅    6月11 日(木)
半夏生   7月 2 日(木)
土用の入  7月19 日(日)
二百十日  9月 1 日(火)
彼岸の入  9月20 日(日)
彼岸の明  9月26 日(土)
---------------------------------
人日の節句 1月 7日(水):七草粥
上巳の節句 3月 3日(火):桃の節句
端午の節句 5月 5日(火):子供の日
七夕の節句 7月 7日(火):七夕
重陽の節句 9月 9日(水):長寿


参考:ページ
NOBI WORLD CALENDAR / WHAT DAY IS IT TODAY IN CALENDAR